躁うつ病の症状を把握する~心のSOSに気付いてあげよう~

笑顔の女性

病気と上手く付き合おう

カウンセリング

現れ方は一つじゃない

躁うつ病とは、気分がやたら高揚する躁状態と、逆に気分が落ち込んでしまううつ状態とをくり返す病気で、どちらの症状が先に出るかは人によって異なっています。躁状態の典型的な症状としては、気分が異常に良く興奮しやすい、自分が偉くなったように感じてしまう、次から次へと様々なアイデアが浮かんできてじっとしていられない、買い物や投資など自分の好きなことに無分別に際限なくつぎ込んでしまう、などがあります。俗に言う、ハイな状態です。誰しも気分が高揚する時はありますが、躁うつ病の場合、それが常識的な範囲を超えて現れるのです。逆にうつ状態の症状としては、気分が落ち込んで憂鬱になる、何もやる気が起きない、様々なことに対して興味が持てなくなる、疲れやすい、眠れない、などがあり、見かけはうつ病の症状と区別がつきません。実際、うつ状態の時にクリニックを受診すると、うつ病と診断されてしまうことがあり、そうしますと治療しても中々良くならない、ということが起こります。また、うつ状態の時に躁状態で行った常軌を逸した行動を思い出し、さらに落ち込み、自殺衝動を抱いたりといったことがよく見られますので、要注意です。躁うつ病は、その時々でこれらの症状がクルクルと入れ替わり、患者さんも周囲も翻弄されてしまう厄介な病気です。見た目の症状だけに振り回されず、しっかりと治療しましょう。

心はジェットコースター

テンションがマックスの躁状態と暗く落ち込むうつ状態が交互の現れる躁うつ病ですが、ただ単に明るい時と暗い時がある、という単純なものではありません。躁うつ病の特徴は、とにかく逸脱している、という点です。ですから、躁状態の時にはただ気分が高揚するだけではなく、ちょっとしたことに怒りやすかったり、時には暴力的な行動に出たりします。何か精神に波があると、その波の揺れが破壊的に大きくなってしまうのです。ですから、社会生活に支障をきたすことも多く、仕事を失ったり、信用をなくしたり、時には家庭崩壊したりといった悲劇に見舞われやすいのです。また、躁状態の時には患者さん本人は気分が良いものですから、自分が病気であるという自覚がありません。ですから、周りがいくらクリニックを受診するようすすめても、決して受診しないといったことがよく起こります。そして、今度は一転してうつ状態に陥ってしまうわけですから、本人はもちろん周りの負担もかなり大きなものがあります。だいたいの方はこのうつ状態の時にクリニックを受診することになりますが、躁うつ病のうつ症状は、うつ病のそれとほとんど見分けがつきません。ですから、受診時には必ず医師に躁の症状についての説明を行ってください。でないと、うつ病と勘違いされ、間違った薬を処方されてしまう確率が高いのです。あたかもジェットコースターに乗っているかのような躁うつ病、その特徴をつかまえて、上手に付き合いましょう。