躁うつ病の症状を把握する~心のSOSに気付いてあげよう~

笑顔の女性

うつの治療

医者

病気の見極めが重要です

躁うつ病は、一般的なうつ病と見分けることが難しい病気です。躁うつ病には症状の現れ方によって複数のタイプがあり、それぞれ特徴が存在します。躁状態とうつ状態のサイクルや、躁の症状の現れ方によってタイプ分けがされるのが一般的です。躁うつ病の場合にもうつ状態は一定期間続きますので、医療機関を受診するタイミングによっては一般のうつ病と診断されてしまいます。この躁うつ病で生じる症状のサイクルには、個人差があるのが本当の所です。ですので、症状に詳しい専門医でないと正確な診断は難しい病気と言えます。薬の効き目にも差が生じやすく、さじ加減を心得た医師の存在が不可欠です。一旦躁状態の症状が現れ始めれば、躁うつ病であることは比較的容易に分かります。別人のように饒舌になったり、異常に行動的になった場合は周囲が違和感を抱くことが多いです。従って、この病気では精神科や心療内科を受診するきっかけが、家族や友人の気づきである場合も少なくないと考えられます。逆に本人は自分の症状に気付きにくいことが多く、最悪の場合病気の存在に気付かずに長期間過ごしてしまうことがあるのが厄介な点です。今後は、うつ病と躁うつ病の見極めが重視されていくと予想されます。

異なる薬が使われます

躁うつ病の場合には、うつ病とは処方される薬の種類が異なるのが常です。この病気では気分の不安定さが一つの問題となるため、多くの場合精神安定剤などが用いられます。躁状態とうつ状態の落差を出来る限り失くすことが、精神医療において重視されるポイントです。このような点は、一般的なうつ病とは大きく異なります。うつ病の場合は、気分の落ち込みを改善する抗うつ剤を使用するのが常です。抗うつ剤には気分を上げる効果があることから、うつの症状を改善出来ます。昨今問題になっているのが、躁うつ病の方が抗うつ剤を使用した際に生じる躁転と呼ばれる現象です。躁転は気分がうつから躁に急速に変化する状態を指します。躁転は時に様々な問題行動が伴うため、現在では一つの社会問題として取り上げられることが多い症状です。躁うつ病で起こる躁転の場合には、非常に気分が不安定になりやすく、異常な興奮状態やパニック発作などを引き起こしてしまうことがあります。犯罪行為や自殺を誘発する危険性も高いため、かなりリスクの高い試みとなるのが躁うつ病患者への抗うつ薬の処方です。こうしたことから、躁うつ病をうつ病と誤診しないことが様々な問題を避けるために必要となります。